Pocket

 

何もかも一人で決めて、一人でやらないといけないシングルマザーが「辛い」「苦しい」「孤独」と感じる時があるのは当たり前のことです。

 

そんなとき、私は頑張って気持ちを立て直そうとはしていません。

こんな状況で元気を出せというほうが無理です・・実際悲惨なんですから(苦笑)

 

ただ、そういう感情から気持ちをそらすのはとてもうまくなりました。

 

「だから、そんなことすら今はしたくない」

という気持ちのあなたにも、この中の一つでも役に立てればいいなと思います。

 

 

スポンサードサーチ

シングルマザー生活で辛い時に聞きたい!励ましの言葉・嬉しい言葉

 

辛い時

 

いろいろ強気なことを言っても、シングルマザーはやっぱり孤独です。

仕事に疲れて帰ってきて、一緒にお茶を飲んだりテレビを見ながら

 

「ああ、今日つかれたよねー」

と話す人がいないという生活はけっこう寂しいものです。

子供や親では埋められない孤独もありますよね。

 

それから、旦那さんがいないということは

「晩御飯は何にするか」
「日曜日は何をするか」

という小さなことから

「これからどこに住む」
「貯金をどう使う」
「子供の進学の話」

 

という大きな決断までを、”自分で全部決めていい”という意味で自由ですが、裏をかえせば”自分で全部決めなくてならない”ということ。

”すべて自分で考えて決める”ということは本当に孤独なことです。

けれど。

 

人は、というか、生き物はみんな結局孤独なんです。

同じお腹の中からほぼ同時に生まれてきた双子だって、人生を終わらせる時は別々です。

 

なんだか言葉遊びのようですが、

「本当は孤独な人はいない。だって、みんな一人残らず、同じように孤独なんだから」

 

 

参考:離婚したシングルマザーで幸せに暮らせる人の特徴は?子供と幸せになる方法。

 

励ましの言葉

 

「離婚をしない方がよかった?」という考えがよぎったら「離婚したのは100%正解。離婚は間違っていなかった」とすぐに打ち消してください。

 

「離婚をしないでいたら」と思う時、過去の夫の姿は2割増しくらいで美化されているでしょう(笑)。

離婚を後悔して得することは何一つありません。

もう十分に頑張っています。

 

「もっと頑張らなきゃ」と苦しく思ったら「もう十二分に頑張っている」と自分に教えてあげてください。思うように稼げなくても、思い描いてていたように働けなくても、最大限の努力をしています。

 

「疲れているんだ」ということに気づいてあげましょう。少し寝て、起きた時にすっきり気分が明るくなっていれば、大丈夫。

 

一人二役できなくてもいい

「なぜ完璧にできないのか」と苛立つこともあるでしょう。「二人分はできなくて当たり前」ということに気づいてください。

 

  • 仕事が忙しくて掃除ができない部屋
  • 洗濯物の山や干しっぱなしを見た時
  • 夕飯のおかずが適当なものばかりだった時

 

苛立ちます。
シングルマザーは仕事と家庭、夫婦二人分を一人でこなしているのですから、完璧にできなくても仕方ありません。

 

  • 平日は仕事メイン、主婦は手抜きする
  • 休みの日に家事をする
  • 仕事も家事も投げ出して「自分時間」を作る

 

など、メリハリをつけてみてください。

子どもデーを作る暇もないほど忙しかったら、頑張りすぎの可能性があります。

 

 

参考:離婚しても大丈夫?シングルマザーになるとお金が不安?仕事も収入も安定が大事

 

 

嬉しい言葉

 

働いて、子育てして、叱って、シングルマザーは元夫より「損をしている」と感じてしまうこともあるのではないでしょうか?

 

ただ、子どもと毎日一緒にいられることって特権ですよね?

もし月に一度しか子どもに会えなかったら、子どものことが恋しくて、「元気にしているか、きちんと生活しているか」と心配で夜も寝られないでしょう。

 

日々の仕事に疲れて「このままでよいの?」と、不安になることもあるのではないでしょうか?

シングルマザーが強いのは子どもがいること。

女手一つで子どもと普通に暮らしていることって、すごいことだと思いませんか?

 

「今日も一日子どもの生活を守ること」が人生の目標でもよいのではないでしょうか?

「仕事が終わって子どもと手をつないで寝る時が一番の幸せ」も素敵ですよね。

 

シングルマザーは綺麗です。

 

家族のために一生懸命働いている他のパパを素敵と思うのと同じように、ノーメイクでも、寝不足でも、家族を守っているシンママは内面からの美しさ、強さを発しているようです。

清潔感を損なわないようにしていれば最低限のおしゃれでもOKでしょう。

 

一番きれいなのはあなたの笑顔ですので卑屈にならずスマイルです。

 

趣味や恋愛など子ども以外のことに関心を持ったり、自分の洋服を買うことに後ろめたさを感じてしまうシングルマザーもいます。

自分が働いたお金です。普通の主婦と同じように、自分の趣味に時間を使っても、友達と遊びに行っても問題ありません。

 

既婚者が誰かにドキドキしたりするのは気が引けますが、シンママは独身です。

異性に惹かれても、男性に見てもらいたくておしゃれしてもよいのですよ。

 

お手伝いをさせると、子どもは可愛そうなのでしょうか?

 

「家事が一切できない大人を育ててしまったら母親として恥ずかしい」と逆に思いませんか?

 

片付けられない一人暮らしの学生、社会人になった子どもの家の掃除に行く親、というような話も聞きますが、勉強よりも何よりも、自分一人できちんと生活できるように育ってほしいですよね。

 

お手伝いも教育の一つと考えましょう。また、子どもは親の役にたって褒められることがとても嬉しいのです。

お手伝いしてもらう時はなるべく一緒に、親子での会話やコミュニケーションも楽しみましょう。そうすることでママ自身も家事が楽しくなります。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

シングルマザーの生活は辛いです。本当に助けて欲しいのに助けを求められない辛さは孤独との戦いです。

しかし、少し自分が頑張りすぎていることに気づいて、ちょっとだけ気を抜いてもいいのではないでしょう?

人はみんな孤独で、それぞれの悩みを抱えています。

子供と自分が元気であることに感謝できればもう大丈夫です。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング